サイト紹介

当サイトは、SEO対策について分からない初心者の方にも、分かりやすくSEO対策の情報をご紹介できればと思っております。

まだまだ未熟者なので、情報があいまいだったり、誤字や脱字など多々あると思いますが、ご了承願います。

当サイトの情報が皆様のSEO対策にお役立てできれば幸いです。

注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成しています。

当サイトのSEO対策の利用は、全て自己責任でお願いします。

当サイトの情報により、万が一不備や不具合、トラブル等が発生しても、当サイトはいかなる責任も追いかねますので、ご了承願います。

相互リンク

SEO対策においてページ外要因が大きな割合を占めるといわれていますが、そのページ外要因の一つとなっているのが、この相互リンクです。

SEO対策において相互リンクを行っておく事はページ外要因において、とても効果的に働きますので、相互リンクについて学んでいきましょう。

このページでは相互リンクについてご紹介してまいります。

ページ外要因である相互リンクを屈指してSEO対策を行いましょう。

相互リンクとは?

相互リンクとは、お互いがリンクを貼りあう事を言います。

相互リンクと被リンク(バックリンク)との大きな違いは、相互リンクは必ず相手が確認して、認証したものしかリンクを貼ってもらえない点ではないでしょうか。

どんなにこちらが相互リンクを要求しても、相手側が気に入らなかったりすれば、相互リンクが成立する事はありません。

相互リンクのポイント

相互リンクはただ闇雲にリンク貼れば良いのではなく、いくつかポイントがあります。相互リンクのポイントを抑えてきちんとした相互リンクを行いましょう。

Googleページランクのサイトを探す

Googleには独自の評価方法として、ページランクがついていますが、そのページランクがついているページへの相互リンクをお願いして、そこからリンクを貼ってもらえると、サイトの効果が高くなりますので、ページランクもひとつの選ぶポイントに抑えておきましょう。

自分のサイトと関連深い

相互リンク先と自分のサイトのテーマが関連深いと、質の高いリンクとして判断されやすく、相互リンクの質で良い評価が得られやすいです。

インデックスされているページへの相互リンク

YahooやGoogleから、インデックスされているページへリンクを貼ってもらうようにしましょう。インデックスがされて良い無いページからのリンクは、ほとんどが無効のリンクとして扱われてしまいます。必ずインデックスされているかどうか確認してから相互リンクを申し込むようにしましょう。

調べ方は【site:リンクを貼るURL】のカッコの中の文章を、そのままYahooとGoogle両方の検索窓に入力する事で調べる事ができます。

△ページ先頭へ戻る