サイト紹介

当サイトは、SEO対策について分からない初心者の方にも、分かりやすくSEO対策の情報をご紹介できればと思っております。

まだまだ未熟者なので、情報があいまいだったり、誤字や脱字など多々あると思いますが、ご了承願います。

当サイトの情報が皆様のSEO対策にお役立てできれば幸いです。

注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成しています。

当サイトのSEO対策の利用は、全て自己責任でお願いします。

当サイトの情報により、万が一不備や不具合、トラブル等が発生しても、当サイトはいかなる責任も追いかねますので、ご了承願います。

SEO対策の種類

SEO対策をホームページに施すといっても、どのように事をすればいいのか分からない方もいらっしゃると思います。確かに、どのような種類があるのか分からなければ、SEO対策を施すのは難しいですよね。

そこで、SEO対策の主な種類をご紹介致します。SEO対策の種類を知ってどのSEO対策から始めるか検討の材料にしてください。

重要な2種類のSEO対策

SEO対策を行うので、主に行うSEO対策は2種類存在します。というか、それら2種類のSEO対策がすべてといっても過言ではありません。

2種類それぞれのSEO対策をご紹介いたします。

ページ要因

ページ要因とは、自分で製作したホームページのエラーを省いたり、ソースコードの見直しなど、ホームページを検索エンジンが読み込みしやすいように最適化することが、ページ要因のSEO対策といえます。

簡単に言うと、ページ要因は自分で手が加える事ができるので、SEO対策を行う場合には、まずこのページ要因の最適化から始める事になるでしょう。

自分で手が加えられるものをページ要因と認識しておけばいいでしょう。

ページ外要因

ページ外要因は、自分で製作したホームページ外の要因の事を指します。それは、主にリンクの事を意味している場合が多いです。

例えば、リンクの評価は大手の企業などから自分のホームページのリンクを張ってもらう事でサイトの評価は上がりますが、自分で貼り付ける事はできません。相手がリンクを貼ってくれなければこちらに効果が来る事はないのです。

自分の力では動かす事ができないものをページ外要因とまとめてもいいでしょう。

2種類の重要度

重要度で言えばSEO対策の効果が大きいのはやはりページ外要因です。優良なサイトからのリンクなどはやはりSEO対策の効果は大きく働きます。ですが、ページ外要因が重要度は高いですが、それはページ要因をのSEO対策を施しておく事で、さらに効果が高くなります。

SEO対策はこの2種類の要因を対策してこそ効果が出てくるのです。

△ページ先頭へ戻る