サイト紹介

当サイトは、SEO対策について分からない初心者の方にも、分かりやすくSEO対策の情報をご紹介できればと思っております。

まだまだ未熟者なので、情報があいまいだったり、誤字や脱字など多々あると思いますが、ご了承願います。

当サイトの情報が皆様のSEO対策にお役立てできれば幸いです。

注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成しています。

当サイトのSEO対策の利用は、全て自己責任でお願いします。

当サイトの情報により、万が一不備や不具合、トラブル等が発生しても、当サイトはいかなる責任も追いかねますので、ご了承願います。

SEO対策(CSS)

CSSという言葉を聞いた事があるでしょうか?

ホームページを作った事のある人なら聞いた事があると思います。以前まではホームページを製作する上で使われていたのは、テーブルと呼ばれるタグが多く使われていましたが、現在の主流となっているのCSSを用いたホームページ製作が主流といえるでしょう。

では、主流となっているCSSについてご紹介してまいります。

もしテーブルを使ったホームページならば、CSSを使ったホームページへの変更をお奨めします。

CSSとは?

CSSという単語は実は略称で呼ばれた名称なのです。実際は 「Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)」 という名称が正しい名称となっています。

CSSの主な目的は、htmlだけではホームページのデザインを細かく設定する事ができませんが、CSSを屈指する事でレイアウトやデザイン等の記述をまとめて行う事ができる手法のことです。CSSは主にレイアウトやデザインの際に細かく設定する事ができますので、レイアウトやデザイン全般を担っているといえます。また、CSSを用いる事で、デザインや文字の大きさなどの変更も素早く簡単に行う事ができます。

CSSとSEO対策の関係

なぜCSSを用いる事で、SEO対策になるかというと、デザインやレイアウトの記述を外部に移すことになりますので、1ページ当たりの容量が軽くなる事が主な目的です。

クローラーがページを巡廻するときに、1ページすべてを巡廻するとは限りません。1ページのデータ容量が大きいと、途中で巡廻をやめて別のページに移動してしまう事もあるのです。クローラーに全て巡廻してもらうには、データ容量が軽い事が必要になるので、もっともデータ容量が大きいデザインやレイアウトの部分を、外部に移すことはSEO対策においても有利となるわけです。

△ページ先頭へ戻る