サイト紹介

当サイトは、SEO対策について分からない初心者の方にも、分かりやすくSEO対策の情報をご紹介できればと思っております。

まだまだ未熟者なので、情報があいまいだったり、誤字や脱字など多々あると思いますが、ご了承願います。

当サイトの情報が皆様のSEO対策にお役立てできれば幸いです。

注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成しています。

当サイトのSEO対策の利用は、全て自己責任でお願いします。

当サイトの情報により、万が一不備や不具合、トラブル等が発生しても、当サイトはいかなる責任も追いかねますので、ご了承願います。

SEO対策(メタタグ)

タイトルの下かまたは上のほうにメタタグ(meta)と呼ばれるタグがあるのですが、これらのメタタグもSEO対策を行ううえではとても重要な要素となります。description

タイトルのSEO対策が終わったら、メタタグにもSEO対策をきっちりと施して、ホームページの検索順位の上位へと導きましょう。

重要な2種類のメタタグ

メタタグの中でもとても重要なタグとなるのが、キーワードとディスクリプションの2種類のメタタグです。タイトルと同じようにとても重要なSEO多彩苦になります。

この2種類のタグのSEO対策方法について、それぞれご紹介してまいります。

キーワード(keyword)

メタタグの中で、<meta name="keywords" content="○○,○○" />のように表記されているものがキーワードです。このキーワードの部分には、そのページに関連深い単語を入力していきます。例えば現在のページがグルメについて書かれているページに、SEO対策やガーデニングなどの関連しないキーワードを入力してしまうと逆効果になる可能性があるため注意が必要です。

また、大量にキーワードを入れすぎるのもよくありません。同じキーワードを10も20も入れているホームページなどもありますが、これも逆効果となりますので、キーワードの数は多くても5つぐらいに留めおいて、すべてのキーワードをページに沿って変えるようにすると効果的です。

ディスクリプション(description)

ディスクリプションは、メタタグの中で<meta name="description" content="ページの説明文" />という感じで表記されています。

ディスクリプションとは、現在見ているページの説明文の役割があり、ページの紹介を短い文章で行っているのです。

このディスクリプションに、キーワードを入れる事はSEO対策においても効果的ですが、無理にキーワードの数を増やそうとして、ディスクリプションが長くなったり、キーワードだらけになってしまうのは逆効果になるのでやめましょう。

自然な感じで紹介されていて、なおかつキーワードが入っているやり方のほうが、効果的に働きます。ディスクリプションは、ページに沿った紹介文にするようにしましょう。

△ページ先頭へ戻る