サイト紹介

当サイトは、SEO対策について分からない初心者の方にも、分かりやすくSEO対策の情報をご紹介できればと思っております。

まだまだ未熟者なので、情報があいまいだったり、誤字や脱字など多々あると思いますが、ご了承願います。

当サイトの情報が皆様のSEO対策にお役立てできれば幸いです。

注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成しています。

当サイトのSEO対策の利用は、全て自己責任でお願いします。

当サイトの情報により、万が一不備や不具合、トラブル等が発生しても、当サイトはいかなる責任も追いかねますので、ご了承願います。

SEO対策(見出し)

見出しと呼ばれるタグをきちんと使うのもSEO対策においては、効果的に働きます。見出しとは見たことがある方もいると思いますが、h1〜h6まで分かれており、数字が挙がるにつれて大きな見出しということになります。

見出しのタグは、タイトルやメタタグほどの効果は少ないかも知れませんが、SEO対策を施しておくに越した事は無いので、見出しタグが現在のページに無い方はSEO対策を施しましょう。

このページでは、見出しタグのSEO対策についてご紹介しています。

見出しタグの最適化

見出しタグの最適な使い方についてご紹介します。

h1タグにキーワードを絡める!

見出しタグの中でも、一番大きい見出しとなるh1のタグの中に、キーワードを絡めるとSEO対策において効果が期待できます。h1は大見出しになりますので、クローラーがページを読み取るときに重要な文章として認識しやすくなるのです。そこに、キーワードを絡ませておく事で、ホームページのキーワードの認識も強くなります。

h1タグは1ページにつき1つ!

h1タグは大きな見出しとなりますので、ページにとって大きな要素となります。h1タグは効果が大きい分1ページにつき一つだけでいいのです。効果が大きいからといって何度も使ってはいけません。SEO対策的にも逆効果となってしまいます。

h1タグは1ページにつき1つで、他のh2やh3タグも数を多く使わずに、2、3個ぐらいで留めておくようにしましょう。

順序を守って使う!

見出しタグは、h1〜h6までありますが、この使い方も上から順に使うようにしましょう。h1を使った後はh2がきて、その次にh3を使う。などのような使い方がクローラーには好まれます。

h2を先に使った後に、h1を使ったりするような使い方はあまり好ましくありません。

△ページ先頭へ戻る